Copyright(C)Yayoi Minnowa All rights reserved
SBJでいくつか記事を書きました。
社会課題解決型の商品訴求、日本のエネルギー政策について、企業のCO2削減など硬めの記事が多いです。

・宅配ボックス設置で労働時間短縮―パナソニックが実証
 (Click!) 

・石炭火力増設の事業性にリスク――自然エネ財団が報告
 (Click!) 

・リコーなど6社が「Science Based Targets」で新たに認定
 (Click!) 
「HUG」でロック・フィールドさんを取材しました。
建築家安藤忠雄さんが設計した素敵なファクトリーで、さまざまな工夫をこらして
製造していました。風車もあるんですよ。
「水と緑、風車のある工場がつくるサラダ」
 (Click!) 
大阪ガス連載「タバコや藻で飛行機が飛ぶ!? バイオジェット燃料で地球温暖化対策」
バイオジェット燃料って知っていますか?石油など化石燃料由来ではなく、植物やゴミなどから作られるバイオ燃料です。世界ではかなりの勢いで広がりつつあります。
日本でも五輪をめざして使用が模索されています。
 (Click!) 
障害者雇用で有名な日本理化学工業さんに取材をしました
「日本理化学工業、障がい者が働く幸せをアートで広める」
 (Click!) 
「日本でいちばん大切にしたい会社」という本でも取り上げられ
障害者を7割雇用し、チョークや画材で売上も伸ばしている会社です。
SB-Jでいくつか記事を書きました。
ヤフーニュースにも掲載されています。
環境汚染、オーガニック、働き方改革といろいろです。

・アディダス、海のプラゴミから作るシューズを販売開始
 (Click!) 

・スイス・リーメイ社の有機綿プロジェクトがSDGsに成果
 (Click!) 

・ユニリーバやカルビー、働く場所や時間は社員が決める
 (Click!) 
京葉銀行PR誌「きずな」春夏号で取材記事を掲載しました
「廃校を利活用し、地域活性化の拠点に」
鋸南町、南房総市で廃校を道の駅や宿泊施設、レストランなどに
活用して人が集まる場所に変えていこうという動きを取材しました。
廃校の活用は全国でも大きな課題になっています。千葉は1歩先をいっているようです。
 (Click!) 
SB-J 記事いくつか執筆しました
●5/2 菜園付き「無印良品の小屋」千葉の廃校で販売開始
 (Click!) 

●4/11 塩野義製薬と大阪府が連携し、発達障がい児を支援
 (Click!) 

●3/7 LIXILが製品購入1台ごとに途上国に簡易式トイレ1台寄付
 (Click!) 

●3/28  竹を有効活用ーバイオ燃料に転換する技術を日立が開発
 (Click!) 

●2/24 東京五輪の持続可能な調達を通じ、SDGs具体化へ
 (Click!) 
ゼロ・エネルギー実現へ、店舗の省エネ化進む流通業界
SB-Jでホームセンターやコンビニで進むゼロ・エネルギーへの取り組みを取材、レポートしました。