Copyright(C)Yayoi Minnowa All rights reserved
Img_8cae9a4da6e5288040cd3f49a6c9c425
Img_166a24b759daa03d65efe20122423126
植樹イベントのあと、スマトラ島にあるAPPの製紙工場を見学しました。
ここは原材料となる樹木の搬入から、製造、配送まですべてをひとつの
工場で行っていて、なんと港まである巨大な工場でした。

Img_5981fa007dbc15b0909b8d5d31019201
Img_9c3cfdbbebedb6598055d4406cb7b6b9
巨大な機械はフィンランド製。
オートメーション化されていて1分間で1400m作るとか。
1ヶ月に24000トン。
ここから私たちが使うコピー紙やティッシュなども作られています。

毎日使う紙製品がどこから来ているのか、どうやって作られているのか
これからますます関心が高まりそうです。

Img_8a4a0e4ac7788f3d42932c644819f99f
Img_a2d5eff21bede06422d7c59511e36ecb
Img_cef62cc08c0e5801fb299ff4967b0b90
今回取材を通じて一番印象に残ったこと。
それはやはり地域のコミュニティの農民の方や学生さんのお話。
自然の資源を持続可能にするには、やはりそこに住む人たちが幸せ
でないと続かないということを実感しました。

そういう意味では、APPさんが始めた地域コミュニティが自立するために
サポートするAPPさんが2年前に始めたプログラム(IFFS)には個人的に大きな期待をしています。
果物を育てたり、田んぼをつくったり、養殖をしたり。
アグロフォレストリー(樹木を植栽し、樹間で家畜・農作物を飼育・栽培する農林業)
が注目されているように、企業と地域の人が自然資源を分かち合い、地域が自立するプログラムです。

2020年には500の村にそのプログラムを広げるという目標があるようですが
それは必ず達成してほしい。
農民の方が「プログラムには満足をしている」と話していましたが、地域紛争なども
対立軸からは解決は難しい。そういう意味ではこのプログラムはさまざまな課題を
解決する糸口になるのではと思いました。