Copyright(C)Yayoi Minnowa All rights reserved
Img_0c28aefe131a3f69ab2133ad80e46211
Img_c65da8c0696c0f7e5286b41043841b52
植樹ツアー3日目は、ついにスマトラ奥地に向かい、リアウ州クルムタンというところで植樹イベントに参加しました。
到着すると、山の中にもかかわらず、式典の用意がされており、
民族衣装を着た地域の高校生が出迎えてくれました。
重い衣装をつけてい暑いのに、汗ひとつかいていなくてびっくりです。
Img_1ed9419014c521e1677813bea3e5dc78
Img_d035f51df37a3d3164840f1b293820de
この植樹イベントは、APPがすすめる100万ヘクタールの土地の修復と保全のために
フタバガキ(レッドバラウ)というスマトラの原産種を植えていくという活動を
広めるために行うものでした。
植樹の選定は、横浜国大の宮脇昭教授によるもの。
宮脇先生の本はこれまでも何冊か読んで感銘を受けていたので、実際にその活動に参加できたことは
ありがたかったです。

お話はAPPジャパンのタン会長や国際熱帯木材機関のマー・フォンオク博士などVIPがたくさん。
前の夕食の際にマー博士からはブラジルの森林保全についても少しお話を聞くことが
できたので、博士のいう劣化した土地を回復するには原産種を植えることが大事という
お話は腑に落ちました。
Img_e055106368289da7d059ec449fe02d08
Img_928ec83c6fcd4e11327d0f672dbd1147
植樹は、それぞれネームプレートが用意されていて感激。
参加者もうれしそう。

今回20haの土地に植樹をするそうですが、どんな森ができるのでしょうか。
野生の生物が戻ってきてくれるでしょうか。

これまで人間が地球に与えた負荷は本当に大きいです。
すぐに修復できるものではないですが
向かう方向をひとつにして、自然と共生できる暮らし方を
少しづつでも広げていきたいものです。

Img_675d53ea2c23ee5dd16eea5bf991a27c
Img_fc6549a8aedc06e9fb7e295351653460
そしてこちらは、APPさんの植林地。2012年に自然林伐採ゼロを宣言して4年がたちました。
今はユーカリやアカシアといった成長の早い木を植えて、それで紙の生産をしています。

これはアカシア。だいたい5~6年で伐採できる程度まで育ち、最初の1~2年手をかけるだけで
大丈夫だそうです。伐採して1ヶ月後には新たに植樹。
タン会長曰くの「樹木の畑」です。植えて、切って、紙を作る。再生可能な資源ならではの
方法ですね。

しかしさすが、熱帯雨林。日本ではこの成長の速さはありえないです。
成長の早い木を作るために、APPさんはかなりの研究をしているようです。
Img_d16639a92d0e01a28263c2952565979b
Img_a549053e2463807854fe6cadeec07442
そしてこちらは自然林。以前はAPPもこういった自然林を伐って原材料にしていたのです。
地元の人曰く、ここにはスマトラトラや猿もいると。
やはり自然林はさまざまな植生が混在し、多様性があることで生態系が生まれます。
保護林の部分だけでも宮脇先生の推奨する混植にならないのかなあとふと思いました。
Img_c36aeb22453ca86f61b8ebc1af9124af
Img_d9777567f9da895f0286c025b3372df9
Img_baef16c58f53941a625284d9334f6bcf
インドネシアに植樹をテーマとしたプレスツアーに参加してきました。
APPという世界最大規模の製紙メーカー主催のツアーです。

東京羽田からまずはジャカルタへ。
東京が暑かったせいか、あまり暑さを感じない。
次の日は日曜日だったので、ホテルの前は歩行者天国。
朝6時過ぎからとってもにぎやかでした。

日本ではもう見かけなくなったオート三輪やさまざまな屋台、果物や衣類、玩具を
売る露天商など、ちょっと懐かしく、そしてジャカルタの活気を感じられる
一時でした。

それもそのはず、インドネシアの人口はアメリカについで世界第4位。
マレー系、中国系など約300の民族から成る多民族国家なのです。
Img_15fe15f32a2b9822bdcfedf47632b9d2
Img_8ff4408b669df4355fd761b860e6a0bc
Img_95e9ae30e2b342b751ddf06fe6e62326
ジャカルタでびっくりしたのは、ショッピングセンターに入るにもセキュリティチェックが
あること。テロはどんな国でも起こりうるし、実際ジャカルタ市内でも過去テロが起きています。

これは市内の大きなショッピングセンターのテナント。
中はユニクロから無印良品、そして回転寿司はもちろん、たい焼きから焼き鳥
お蕎麦屋さん、うどん屋さんまでなんでも日本食があります。
興味深かったのは、ラーメンではなくあちらでは「あぶらそば」が人気だったということ。
インドネシアの方の味覚に合うのかしら。インドネシア料理はそれほどオイリーじゃ
ないんですけれどね。不思議。

それにしてもグローバル経済というのは、日本の地方のショッピングセンターから
ジャカルタまで同じような色に染めてしまうという、なんとなく寂しい感じもしました。
Img_7ce710eebd0bca0ba2471dc6ea616f82
2日目はいよいよ植樹が行われる スマトラ島ペカンバルへ。
空港もジャカルタに比べるとこじんまり。空からはジャングルが見られました。
Img_43b4c5a53151bb92633cd1145a6e819b
Img_14099466cb9310ecff9bf5d5e5bf765f
あるPR誌の取材で、銚子の風力発電の取材に行ってきました。
銚子は太平洋に突き出しているので、首都圏の中でも風が強く
風況のいい場所。
たくさんの風車が回っていました。

その数34基。一大ウインドファームです。
農道の脇に、畑の中に、海岸線にと
街に風車がしっくりなじんでいました。
それもそのはず、もう12年前から風車が建設されている街なのです。
Img_d3ea8ac9e26e04bc425d1288e46f7be1
洋上にも今年3月から風車が稼働しています。
こちらはNEDOと東京電力の実証実験。
東電さん、こういうことにもっと投資をして、早く
原子力の魔の手からのがれてほしいと節に思います。
もう原発による電力は必要とされていないし(必要としているのは
利権のある人だけですね)
負の遺産を次の世代に押しつけていくだけ
なのですから。

この洋上風力、1基で1200世帯分の電力をまかないます。
日本の海岸線はアメリカの1.5倍。
日本の洋上風力には大きな可能性があるはずです。
原発1基作って廃炉にするまでのお金でどれだけの風車
が建てらるか。
いらない道路建設もやめて、北から首都圏へつなぐ太い送電線を作りませんか?
風力発電は、海を汚染せず、ウランも廃棄物も出ませんよ。

風まかせでもいいではないですか。
現に、欧州では、国どおしで風のない時の電力を融通しあう
自然エネルギーだけの電力マーケットがあります。
デンマークの風がふかない時は、フィンランドの水力発電で、
またスウェーデンのバイオマス発電で補うといったように。
日本は国内の西と東でも電力を融通できないのですから
隔世の感があります。
Img_62412184e12ed0d318ad4718f00297cc
Img_b124932895c4f0f957160837cf1b12f5
さて、銚子の帰りに鹿島神宮に立ち寄りました。
ここは友人に聞くところによると、すごいパワースポットなんだそう。
奥のほうに、御手洗池という池があって、とても神聖な場所のように
感じました。
水がこんこんと湧いていて、昔から禊のために使われた場所だそうです。
鎮守の森も、樹齢700年の杉や椎の木がたくさん。
歩くだけで癒されます。

この鹿島神宮はアントラーズの本拠地、鹿島スタジアムの近くです。
ちょっと不便な場所ですが、一度は行ってみる価値のある場所。
風車が見たい方はこの鹿島に続く神栖市にも数多くの風車が
並んでいます。
Img_32b6484b61a8666ebddaeebfa15f3894
Img_1676262abb32145d5f2ee47f217d0b9b
実家の空いている部屋で、先日珪藻土のワークショップをやりました。
参加者はスタッフも含めて総勢19名。
珪藻土のマイスターである山本太郎氏の指導のもと
壁の下準備から始めて、珪藻土をみんなで塗りました。

最初はみんなコテの使い方に慣れていないせいか、
珪藻土をぼたぼた落としてしまったり、ガリガリと削ってしまったりと
四苦八苦していましたが
そのうち、なんとなくみんなそれなりに慣れてきます。
そーすると、だんだん楽しくなってくるのですね。

珪藻土は海底・湖底で植物プランクトンが堆積し、長い年月をかけて化石化した土。
土をさわるのは、人を癒してくれるような気がします。
Img_7d5be33ff9cf2443841fcd06da0f334c
この企画の発案は、環境建築家の黒岩哲彦氏。
プロの仕事への敬意を忘れず、でも自分たちでできることは自分たちの手を
動かしてやってみることで、いとなみの知恵を継承させていこうと
いうことで「いとなみネットワーク」をスタートさせました。

今回の試みはその記念すべき第1回。
珪藻土は初めての人にも扱いやすく、安全な素材。
壁に塗ることで、電気も使わず調湿効果を作り出してくれます。
山本さんがやってくれた実験でも
本当に質のいいナノレベルの珪藻土を塗った箱と塗っていない箱では
お湯を入れた後の湿度が30%以上も違ったのです!
Img_9038cfac4a076f8c35b3917c28ce95ae
実はわが家もほとんどの壁は珪藻土です。
建ててからもう12年たつけれど、色が少し濃くなっただけで
その景観は全く変わらず。
調湿効果、防臭効果などは今でもしっかり実感しています。
珪藻土を塗らずクロスを貼ったところは、汚れが目立って
自分で珪藻土を塗ったところもあります。

左官は、すこしぐらい下手でも、それがまた味になるという
全く嬉しい素材です。
自分で塗ると修正もできるし、何より愛着がわきます。
欧米ではペンキ塗りや家の修繕などは当り前の知恵として
みんなやっているのに、日本ではほとんどそういうことが
されなくなったのは残念なことです。

我こそはセルフビルダーをめざすという方は是非一緒に
やりましょう。
次回はリノベーションが必要な空き店舗で実施の予定です。
このwebにもお知らせを出しますので、どうぞよろしう。