Copyright(C)Yayoi Minnowa All rights reserved
Img_de2eda778dc213d59605bed8999d7226
箕輪 弥生(みのわ やよい)

環境ライター・マーケティングプランナー 

立教大学卒業後、広告代理店勤務などを経て、1989年よりマーケティングプランナーとして独立。以来、メーカー、流通系のプランニングを中心に、広告・販促・商品企画・イベント企画・情報誌執筆など幅広く参画。
現在は、「暮らしと環境」をテーマに、記事やコラム、書籍の執筆、環境学習プログラム企画など、環境関連の取材、執筆、企画に幅広くかかわっている。

また、東京・谷中近くのグリーンなカフェ「フロマエcafé&ギャラリー」( (Click!) 
を営むなど、自然エネルギー、オーガニックな食や自然素材などを啓蒙・実践する活動も行っている。

著書に『エネルギーシフトに向けて 節電・省エネの知恵123』『環境生活のススメ』(飛鳥新社)ほか。
自身も自然エネルギーや雨水を利用したエコハウスに住む。

mail:m-yayoi@ja2.so-net.ne.jp
Img_6fa78bacf7dcff80ee7347ff702f211b
そらべあ
********************************************************************
NPO[そらべあ基金]理事 (Click!)
地球温暖化防止、再生可能エネルギー普及のキャラクターとして
「そらべあ」が大きく成長しています。
さまざまな活動を通して、そらべあの活動に賛同した企業や個人からの
寄付、ロイヤリティ収入などをもとに「そらべあ基金」も作られ、
全国の幼稚園や保育園に太陽光発電施設「そらべあ発電所」を作る
活動や子供たちへの環境学習活動をしています。

そらべあの絵本はこちらでも読めます。 (Click!)

Img_f85faeebe86cb1a16a3b26a423b31023
**************************************************************************
ここ50年で使われた石油は、今までに使われた石油のなんと9割を占める。
同時にCo2の排出量は5倍に増えているという。
そして、地球の気温もそれに伴うように上り続けている。

私たちはエアコンをつけてなんとか暑さをしのげるけれど、地球に生きている
動植物たちはそういうわけにはいかない。
国連では、人類の活動のせいで、この数百年に絶滅した生物が1千倍に加速したと分析。
1日に150種以上の生物が絶滅しているという学者も。
私たちが知らない場所で、たくさんの生物がその存在を消している。

地球は人間だけのものではないのに、
この地球の持つ豊かな自然が失われたら、人間の経済活動も持続不可能に
なるというのに、
そして、次世代の子供たちは「失われた地球」しか知らないことになるのに
どうして、人間は今のまま走り続けようとするのだろう。

湯水のごとく使ってきた石油や石炭などの資源も、もちろん地球から。
そしてそれも限りが見えてきた。

日本では原発の事故から、原子力や化石燃料に頼るエネルギー政策も
見直しを迫られている。

どこから見ても、何かを変えていかなければいけない時。
このままでは地球も私たちも持続可能ではなくなってしまう。
そして変えていくことをためらっている時間はないのが今。

私ができることは本当に小さなことだけれど
今、やらないと後悔するだろうなという思いから
こういう仕事をしている。
うれしいのは、世界のいろいろなところでそういう
ことを発信する人、共感する人が増えていること。
もっともっとそれが広がりますように。
そして、小さな変化がつながり、大きな変化となりますように。

****************************************************************************